本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 0156-22-0110

〒089-3334 北海道中川郡本別町1丁目4―20

署長あいさつ

 令和2年7月のあいさつ

 本格的な夏を迎え、各県の移動自粛も解除となり、プロ野球やJリーグの開幕、東京ディズニーランドなどの大型施設も再開されるなど人や車の動きも活発となって参りました。
 新型コロナウイルスに対処するため新しい生活様式が提唱されるなど、当面は3つの密を避ける工夫をしながら暑い夏を過ごすことになりそうですね。
 先月、当署管内では足寄町内の道道でオートバイの単独事故があり、65歳の男性が路外に投げ出され死亡するという痛ましい交通事故が発生しました。
 現場路上には鹿1頭が死んでおり、事故との関連を捜査中のところです。
 当署管内における鹿との衝突事故は非常に多く、昨年は74件発生しており、管内の物損事故の約14パーセントを占めています。
 鹿は車の都合におかまいなく道路に飛び出して来るため、予測が極めて困難な上、夕方から夜間が活動期ですから、周囲も暗く発見が困難になります。
 鹿との衝突を防ぐためには、「スピードダウン」と「ハイビーム」で鹿を早く発見して車を停め、やり過ごすことが大切です。

 当署管内でも既に2名の方が交通事故の犠牲になっており、特に郊外でスピードを出しやすい道路環境にあることから
  スピード違反をはじめとする交通指導取締りの強化
  交通安全の啓発活動
などの取組を強化して参ります。
 また、7月13日は「飲酒運転根絶の日」です。
 ビールなどアルコールのおいしい季節ですが、飲酒運転による悲惨な事故をなくすため
  飲んだら乗らない、乗らせない、運転する人にお酒を提供しない。
を合い言葉に飲酒運転の撲滅に取組して参りますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

        令和2年7月1日
       本別警察署長  松 岡 弘 司
               署長あいさつ6月の写真(屋上にて)